Back

December, 11, 2014

フレーバーウォーターで水割り

水に風味をつけた飲み物を「flavored water」といいます。 わたしがはじめて飲んだのは、食に敏感な人たちが多く住んでいることで有名なカリフォルニア州サンフランシスコでした。 アメリカの西海岸にあるこの街は、夏は湿度が低くカラリとした天気で、歩いているとわりとすぐに喉が乾きます。 そこでよく見かけるのが、果物やハーブ、野菜を入れてフレーバーをつけた水なのです。

magazine1_02.jpg

たとえば、レストランで出される水や美術館のカフェの給水機には、スライスしたレモンやオレンジとたっぷりの氷が入っています。 口に含むとジュースではなく、確かに水。 重さがなく軽やか。 しかもほぼカロリーはゼロ。 それが愛されている理由だと思います。 カリフォルニアは別名オレンジカウンティというくらい柑橘類をたくさん生産している州ですから、まあそれは普通のことかなと思えるんですが、おもしろいのは、キュウリもよく水に入れてあるんですね。 キューカンバーウォーター(きゅうり水)と呼ばれていて、じつはとてもポピュラーなんです。 一瞬、え?っと思うけど、飲んでみるとこれがなんともおいしい! ああ、水って自由なんだなと、心から感じました。

magazine1_03.jpg

たとえば、CHOYAといえば、水割りにするのが定番ですが、その常識をちょっと変えてみませんか? ラズベリーとばらの花びらで風味をつけたフレーバーウォーターでCHOYAを割ってみてください。 梅の風味にラズベリーの酸味とバラの芳香がミックスされて、ふんわり華やかな味わいになります。 見た目もピンク色でかわいいんです。 それから、ミント風味のフレーバーウォーターもおすすめ。 梅との相性は抜群で、キリッとした口あたりはくせになる味。 CHOYAとフレーバーウォーターの割合はお好みですが、だいたい1:1が目安です。(Rika Fukuda)

お酒(さけ)

飲酒は20歳になってから。
飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。飲んだ後はリサイクルへ。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

フレーバーウォーターで水割り | MY SWEET CHOYA

水に風味をつけた飲み物を「flavored water」といいます。 わたしがはじめて飲んだのは、食に敏感な人たちが多く住んでいることで有名なカリフォルニア州サンフランシスコでした。…