Back

December, 11, 2014

梅酒、あれこれ。

初めまして。表参道「MY SWEET CHOYA Cafe」のバーテンダーです。街はすっかり年末モード。久しぶりの人に会ったり、友人や仕事仲間と乾杯したり、お酒を楽しむ機会が多くなってきたのではないでしょうか。 カウンターの中から見ていると、それぞれみなさん、その日の気分で好きなものをお飲みになっていますが、梅酒ファンというお客さまも少なくありません。梅というのは、日本の食文化の中で定番の素材。だから梅酒も親しみやすく、お酒が苦手な方にも楽しんでいただけるんだと思います。 そういえば、社会人になってお酒をたしなみ始めたという若いお客さまが、いつも梅酒のソーダ割りを飲んでいましたっけ。

magazine2_02.jpg

梅酒のソーダ割りをおいしく作るコツは、とにかく材料を冷やすこと。まずグラスに氷を入れてステア(かき混ぜる)して、グラスを冷やします。それから梅酒も冷蔵庫で冷やしておいたものを。梅酒が冷えていれば、グラスに注いだ時に氷が溶けにくいので薄まりにくいのです。グラスの縁から炭酸を注いで、マドラーでからんからんと、やさしくステアします。

magazine2_03.jpg

うちでお出ししている〈チョーヤの梅酒紀州〉は、なんと言っても酸味料、香料無添加。梅本来の香りと果実味を楽しんでいただけます。このおいしさを楽しむならやっぱり常温ストレートがおススメ。とはいえ、アルコール度数がそれなりに高いので、ロックでゆっくり、氷が溶けて味わいが変化していく時間を楽しむのも、大人の梅酒の味わい方です。 無添加ならではの“梅感”は、カクテルにしても生きてきます。また次回、梅酒を使ったカクテルのお話をお届けしましょう。

お酒(さけ)

飲酒は20歳になってから。
飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は楽しく適量を。飲んだ後はリサイクルへ。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

梅酒、あれこれ。 | MY SWEET CHOYA

初めまして。表参道「MY SWEET CHOYA CAFE」のバーテンダーです。街はすっかり年末モード。久しぶりの人に会ったり、友人や仕事仲間と乾杯したり、お酒を楽しむ機会が多くなってきたのではないでしょうか。…